福岡市東区の苦痛の少ない胃カメラ(胃内視鏡検査)、大腸カメラ(大腸内視鏡検査)は松坂クリニック (旧 香椎胃腸科医院)

当院は大学病院や基幹病院と同じ水準の内視鏡検査・治療ができる身近なかかりつけです!

私はこれまで九州大学 病態機能内科学(2内科)消化器研究室に所属し、多くの基幹病院で最先端の内視鏡検査・治療にあたって参りました。2015年9月に医療法人社団 香椎胃腸科医院を承継。
2017年2月 新クリニックを設立し移転に伴い「医療法人 松坂会 松坂クリニック」として新たに始動しました。

当院は早期がんの発見・治療に特化しており、2015年の開業以来4年間で年間内視鏡件数は5倍となり5000例を超えるクリニッに成長しています。(詳細は内視鏡検査・治療実績をご参照ください)

2020年の年間内視鏡件数は福岡県トップクラスの5925例

2020年の消化管悪性腫瘍発見数は92例
早期がんや大腸ポリープに対する内視鏡手術件数は802例の実績となっています。

どうせ病気が見つかるなら、「先生のところでよかった」と思ってもらえる様な温かいクリニックを目指しています!

理事長・院長 松坂紀幸(としゆき)

 

[連携医療機関] 九州大学病院 浜の町病院 原三信病院 千早病院 九州医療センター

福岡和白病院 福岡東医療センター

■ クリニックの特徴
・内視鏡室は2室、34インチ4K対応のLCD天井吊り下げモニター、より高精度な早期癌の発見・診断・治療を目指した新技術が搭載されたオリンパス社の次世代内視鏡システムEVIS X1(2020年7月発売)を東区では初めて導入しています。

早期癌の発見に有用なNBI(狭帯域光観察)とフジフィルムのBLI(Blue LASERImaging)、LCI(Linked Color Imaging)等の従来の特殊光観察に加え

TXI(Texture and color Enhancement Imaging)

RDI(Red Dichromatic Imaging)といった新たな特殊光観察と拡大観察を用いた内視鏡検査が可能です。

・ご希望で鎮静剤を使用し眠った状態での検査が可能です。検査後はそのままストレッチャーで内視鏡室から回復室(リカバリールーム)に移動し休んでいただきます。

・当院は内視鏡治療において圧倒的な症例数を誇り、通常なら入院が必要と考えられる様な大きな病変に対しても日帰り治療が可能です。ご相談下さい。

経験豊富な女性医師(内視鏡専門医)により内視鏡検査が可能です。今まで恥ずかしかったり、痛いのでは?と不安で検査を悩んでおられた女性の方も安心して検査いただける環境を整えています。

月に1回日曜日にも予約制内視鏡検査を実施しています。平日お忙しい方は是非ご利用ください。

最新記事

  • 2021年4月の内視鏡検査・治療数です。

    4月は胃カメラ 333例、大腸カメラ 275例で総検査数 608例でした。 内視鏡治療はESD、EMR/ポリペクトミー合わせて79例となっています。 昨年の4月は初めての緊急事態宣言が出た頃で、いろいろな方々のご意見を参 …

  • 2021年3月の内視鏡検査数です。

    2021年3月は胃カメラ 408例、大腸カメラ 267例、内視鏡総検査数は675例で過去最高でした。 内視鏡治療もEMR/ポリペクトミー 93例、ESD(粘膜下層剥離術)3例でした。 みんな全力でがんばりました! 今回は …

PAGETOP